婚約指輪と一緒につけることも考えよう!

重ね付けだと何がいいの?

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)は、重ね付けできるものを選ぶと結婚後も婚約指輪を活用しやすいでしょう。婚約指輪はダイヤモンドがメインの華やかなデザインが多いのに対し、日常的につける結婚指輪はシンプルなデザインを選ぶことが多いです。ですから初めから相性の良いものを選んでおくと、単体で使うだけではなく重ね付けすることで活用できる場所が広がります。結婚指輪に婚約指輪を重ねることで結婚式やパーティーなど華やかな場に出席するときにも対応でき、手元がより華やかになるのです。組み合わせがうまくいかないと浮いてしまったりお互いを傷つけあってしまったりすることもあるので、購入時からよく考えて長く活用できるものを選びましょう。

組み合わせを選ぶ楽しさ

コツとしては婚約指輪と結婚指輪に隙間ができないのがいいので、どちらも同じショップで選ぶと間違いがないでしょう。その場で両方を選べますので、オリジナルの組み合わせが試せます。迷ってしまう場合は、セットリングを選べばまず間違いがありません。セットの場合だと割安で購入できるショップもあるようです。また、指輪の形には大きく分けてストレート・ウェーブ・V字と三種類ありますので、それぞれの形をそろえておくと統一感を出すことができます。また、プラチナ・ゴールド・ピンクゴールドなど素材をそろえるのも統一感が出ます。あえて異素材を組み合わせるのも色のコントラストが出ておしゃれですので、どちらを重視するかは好みで判断してください。

カップルにとって、一生の宝物になる結婚指輪を銀座のブティックで選ぶことはこの上ない幸せと言えます。店の数も品ぞろえも全国有数と言えます。